かばにっき
日常をてきとーに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直管型電灯
蛍光灯は寿命があります。
家庭用だけでなく当然工場用も。
まぁ基本的に使用する環境による区分はされていないので当然ですが
最近では信号などのように超寿命のLED式ランプに移行の動きを見せていますが
これはまた別の話。

出社直後から蛍光灯が切れたので脚立を持ってきてくれとの電話。
「これは俺の仕事なのか?」と思いつつも普段からお世話になっているおばちゃんなので脚立(3m)をかついで出撃。
工場内部はクレーンも入っているため天井が高いのです。

いざ現場到着。
脚立を設置。自分の仕事をしに戻ろうとすると引き止められ言われる。

「あれ?ついでに交換していってくれるんじゃ?」



∑(゚д゚;)な、なんだってーーーーーーーーー


知っている人はいると思いますがうらっこ様、軽く高所恐怖症です。
どのぐらい軽いかというとジェットコースターを乗り込む直前に逃げるぐらいに!
まぁはっきり言うと高いところ 無 理 なんですよ!



数分後には地上3mぐらいには居ました。
どういうわけだか周辺に助けてくれる男前は居ませんでした。
不安定な足場、ガクつく膝、爆笑するおばちゃん。
必死に蛍光灯を取り外す。

揺らしてくるおばちゃん。
マジ泣きして帰ろうかと思いました。

結局プルプル震えながらも交換終了。
蛍光灯一本落とすだけで片付きました。
また頼むといわれましたが電話に出ることすら無くなりそうな俺の心境。

皆様も高所でのうらっこの取扱いには重々注意して下さい。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://urakko.blog77.fc2.com/tb.php/22-a8318e54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。